「この原作をマンガ化しようと考えた作家がいるとは想像しなかった。瞠目する。原作者の慧眼をもって、酷寒のロシア戦線での女性の洗濯兵と狙撃兵の異形をあ…

2020年8月の記事ですがこれを一年半後に複雑な気持ちで見返すことになるとは。 (なお私はこの漫画は未読です)

戦争は絵物語や映画にしたら面白いかもしれないけれど、実際にはもうやっていく余裕なんて、今の地球にはないんだよ、という考えに至らなくちゃいけない。

小説とか漫画とか雑誌とか

  • 0 users online
  • 1 user / day
  • 1 user / week
  • 1 user / month
  • 1 user / 6 months
  • 4 subscribers
  • 8 Posts
  • 4 Comments
  • Modlog